育毛ローション

育毛ローションでなぜ髪が生えるのか?その仕組みについて

育毛ローション 画像

薄毛や抜け毛というと増毛や植毛、カツラなどの

イメージがありますが、より手軽で身近な育毛ケアとして、
髪に悩む人の強い味方となるのが育毛ローションです。

 

では、なぜ育毛ローションで脱毛を防いだり、髪を生やすことが
出来るのでしょうか?

 

ここでは一般的に使用されている育毛ローションの効果と
メカニズムを解説していきたいと思います。

 

 

毛髪のメカニズムと育毛ローションの効果について

 

そもそも髪は、外に出て長く伸びていく毛の部分と、毛穴の中にある
根っこの役割をする毛根が存在します。

 

髪が太く、長く成長するためには毛根に必要な栄養が送り届けられる
ことが必要で、そのためには頭皮の血行などめぐりを促すことが
大切です。

 

しかし、加齢やストレス、不適切なヘアケア、生活習慣の乱れなどを
原因として頭皮の血行が悪くなったり、毛穴に皮脂が詰まって栄養が
行き渡らなかったりと、発毛・育毛が妨げられてしまうことがあります。

 

そうなると髪が弱って抜けやすくなり、次の髪が生えにくくなって
しまい、薄毛に悩まされることとなるのです。

 

 

その悪循環を改善するための育毛ローションには、

 

・毛根内の髪を生みだす毛母細胞に栄養を届ける
・髪を成長をサポートし、強く丈夫な髪を作る
・頭皮の皮脂や水分をコントロールして環境を整える
・ホルモンバランスを整えて脱毛を予防する

 

などといった効果が期待されます。

 

商品により、血行促進効果が高いものや保湿効果が高いもの、
髪の栄養補給に役立つものなどそれぞれ特性があるので、
自分の頭皮の状態や髪の悩みのあったものを選びましょう。

 

 

効果を感じられない時は…

 

育毛ローションを使用しても全く効果が感じられない時は、
次のようなことを確認するようにしましょう。

 

使用方法が間違っている

商品によって、使用回数や使用方法、目安量などが異なります。
他の育毛ローションを使ったことがあるなどで使い慣れていても、
商品ごとに使用方法や注意点をしっかり確認しておきましょう。

 

生活スタイルが髪に負担をかけている

喫煙や過度なアルコール、脂肪分の摂りすぎ、睡眠不足などは
髪や頭皮の負担となるとされています。
育毛ローションを使用しても、それらが改善されなければ、
思うような効果が発揮されないこともあるので、生活改善を
心がけましょう。

 

使用期間が短すぎる

ヘアサイクルや頭皮環境の改善には、ある程度時間が必要です。
発毛リズム、髪の成長サイクルを考えると最低でも3〜6か月は
使い続けて様子を見る必要があります。

 

体質や悩みに合っていない

頭皮のタイプや脱毛の原因は人それぞれです。そのため、状態に
合わせて育毛ローションを選ぶことも大切。
せっかくいい商品を使っていても自分に合っていない場合は、
本来の効果が発揮されないこともあります。

 

 

このようなことから、使っている育毛ローションが自分に合って
いないなどという場合があるので、改めて商品の特性と
自分の髪悩みについて見直してみることをおすすめします。

 

 

関連ページ

育毛ローションに含まれる成分とその効果について
育毛ローションの成分などについて詳しくご紹介しているコラム記事です。
育毛ローションの効果的な使い方と注意するべきこと
育毛ローションの効果的な使い方について詳しくご紹介しているコラム記事です。
育毛ローションの失敗しない選び方
育毛ローションの選び方について詳しくご紹介しているコラム記事です。